若石健康法とは

若石健康法とは1970年代に台湾在住のスイス籍の神父『ジョセフ・オイグスター』(台湾名=呉若石)氏が、自分で足を揉んで持病のリュウマチによる膝関節痛を完治させたことがきっかけとなり、台湾全土で足裏健康法ブームが起こりました。 これを理論体系化して、1982年に国際若石健康研究会(陳茂雄/創会人、陳茂松/執行会長)が設立されました。若石健康法は、現在、世界50の国と地域に普及しており、1990年に行われた世界大会では、WHO(世界保健機関)より派遣されたDr.シーグリンド・ワインバーガー博士にも賞賛されました。

若石健康法は足部にある64ヶ所の反射区といわれるゾーンを刺激し、血液循環を促進したり、若石調息養気法といわれる太極拳を実践して、東洋医学でいう「気血のバランス」を整え、病気の予防や体質改善を図るのが特徴です。

世界三大リフレクソロジーの1つ「若石(じゃくせき)健康法」は、西洋リフレクソロジーをベースに、東洋医学(中国医学)の理論を取り入れた国際的なリフレクソロジーです。
"自分の健康は自分で守る"という理念を基に、人間の形に似た器具「愛心棒(あいしんぼう)」を使うセルフケアが大きな特徴です。

Reflexology

足の裏から膝裏にかけて、64ヶ所の反射区を丁寧に刺激することにより全身の血液循環を促し、老廃物を排出し、ホルモンのバランスを整えます。

痛気持ちいい刺激により自律神経も整い体の不調が改善します。

 

Selfcare

若石健康法では「自分の健康は自分で守る」という理念を基に、セルフケアを重要視しています。

当サロンでも施術中に反射区の説明、簡単なセルフケアのやり方のアドバイスをしておりますので、何か気になる症状がございましたらお気軽にお尋ねください。

School

家族、自分の健康を守りたい。

もっと深く足裏の事を知りたい。

自分と家族の健康まもり人になるための教育活動を行っています。

反射区と愛心棒の使い方をしっかりと学ぶことのできる「若石健康法初級プロコース」は随時開催いたします。ご相談ください。